高輪メモリアルガーデン
  • 本尊
  • 入り口

住職ブログ

どこにだって迎えに行きます

聖号十念 久しぶりのブログ更新となりました。年末に34年間お寺に勤めてくださったスタッフさんが急病で退職なさり …

愚者の自覚を 家庭にみ仏の光を 社会に慈しみを 世界に共生(ともいき)を

聖号十念 11月も10日を迎えてしまいました。先日勃発した戦争について、同じ宗教者として何か書かねばと思ったの …

げんきでごきげん

聖号十念 「暑さ寒さも彼岸まで」が文字通り実現した天候となりました。当山の彼岸法要も、3年ぶりに檀信徒が一堂に …

ホントの平等って

聖号十念 ようやく長い長い夕方が縮み、夏の終わりの気配を感じられるようになりました。先月の影響で今月も遅めのブ …

課税不課税非課税免税(アジアの青春冒頭の節で

聖号十念 酷暑の候、とご挨拶するはずが、投稿が8月になってしまいました。申し訳ありません。 実は8月上旬に夫が …

令和5年自死者追悼法要「倶会一処~ともに生き、ともに祈る~」報告

聖号十念 雨に萌ゆる緑が風情を漂わせる季節となりました。 令和5年「倶会一処 ~ともに生き、ともに祈る~」のご …

about02

松光寺は、正式名称を浄土宗 清涼山 長昌院 松光寺と称する
江戸大名墓の寺院。

永禄四年(1561年)、知恩院末寺として江戸芝西久保巴町に開基、頂本山と號す。
慶安三年(1650年)大火にて類焼し、明暦二年(1656年)当地に移転す。
上山松平家と細川家の江戸菩提寺として隆盛を極む。
元禄元年(1688年)、松平日向守信之の母、松光院殿にちなみ、松光寺と號を改む。
明治元年、鉄道工事にあたり、英国人技師の宿舎となる。

現在の住職は石井綾月。東京大学文学部英文科を経て平成18年僧侶資格取得。

about01

高輪は江戸から昭和初期の雰囲気を残した歴史の薫る街。
古くは大名屋敷、明治時代には皇族のすまいが多くあったところ。
火災延焼を防ぐ目的で寺院も多く存在する。
高輪メモリアルガーデンは高輪の中でも高台に位置し、
古き佳き風情を受け継ぎながら、モダンな雰囲気を取り入れている。


松光寺住職:石井綾月略歴

1978年生まれ。東京大学文学部言語文化学科英語英米文学専修過程を経て2007年浄土宗の僧侶資格取得。08年副住職、18年住職就任。浄土宗総合研究所・総合研究プロジェクト「超高齢社会における浄土宗寺院の可能性」研究スタッフ。

現在は浄土宗教宣師会主催の「自死者追悼法要」、浄土宗研究所「お寺での介護者カフェ」等に出仕中。

PAGETOP
Copyright © 浄土宗 清凉山 松光寺 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.